みんなの算数オンライン

受験算数 

教科書

カテゴリ

過去問 

ストア

その他 

News

ログイン

中学受験 5年 unit 41-1 立体図形3 立体の性質

立体の性質
例題と解説
トレーニング
確認テスト
ログインが必要です
すべての面が合同な正多角形でできている立体を正多面体と言います。

正多面体は
正四面体 , 正六面体(立方体) , 正八面体 , 正十二面体 , 正二十面体 の5種類のみです。

立体の辺の数は、面の情報から計算で求めることができます。
たとえば正十二面体は正五角形が12枚でできているので、
面がばらばらだと辺の数は全部で 5×12=60本

立体の辺は、面の辺2本がくっついて1本の辺となっているので、
正十二面体の面の数は 60÷2=30本 であることがわかります。

フィードバック(不具合・誤記・問題解法の矛盾に関する連絡)

4年夏 30日
基礎トレーニング



詳細はこちら

単問で極める!
数の性質・計算



詳細はこちら