みんなの算数オンライン

受験算数 

教科書

カテゴリ

過去問 

ストア

その他 

News

ログイン

中学受験 4年 unit 4-1 消去算1 消去算入門

消去算入門
例題と解説
トレーニング
確認テスト
ログインが必要です
 例題1の動画解説
 例題5の動画解説

この動画を閲覧するためにはログインが必要です

ログイン / 無料会員登録

消去算は受験算数用の「方程式」です。超超超重要分野です。
消去算を得意にすれば算数が得意になります。

消去算で重要な考え方をいくつか例をもとにあげておきます。

(例1)
2つの商品AとBがあり、それぞれ2個ず買うと50円になります。
ではA1個とB1個では何円になりますか?

A2個とB2個で50円なので AA+BB=50円
A1個とB1個は、上の式を2で割って A+B=25円 ということがわかります。


(例2)
2つの商品AとBがあり、A2個とB1個を買うと70円になります。
またA1個とB1個を買うと50円になります。
ではA1個は何円ですか?

A2個とB1個で70円なので AA+B=70円
A1個とB1個で50円なので A+B=50円
2つの式のちがいを見比べると左はAで右は20円なので A=20円 ということがわかります。


(例3)
3つの整数 A , B , C があります。
A+B=9
A+C=7
のときBとCはどちらがどれだけ大きいですか?

AにBを足すと9になって、AにCを足すと7になっています。
つまりBはCよりも 9-7=2 大きいことがわかります。

フィードバック(不具合・誤記・問題解法の矛盾に関する連絡)

4年夏 30日
基礎トレーニング



詳細はこちら

単問で極める!
数の性質・計算



詳細はこちら